ティーショットについて

ティーショット、スライス、ゴルフ、アイアン、インパクト、グリップ、PGA、マット、意味など

最新記事

右手のスイング ツイスト打法

アドレスは通常のアドレスです。左腕だけ胸の前に持ってきてください。グリップは左手はかなりフックグリプです。ナックルが3つ見えるぐらいで結構です。右手は下から指先で持ってください。この形から左股関節に体 続きを読む

ゴルフ ティーショット

ゴルフのティーショットがスライスに悩んでいて いつも自分のせいにしていたのですがそれは間違いでした。 自分が悪いのではなく自分が実践していたゴルフ理論が 間違っていたことに気づかされたのです。 最新の 続きを読む

アイアン ティーショット

苦手な場合はティーを使わなくても良いと思います。石川遼がパー3のティーショットでアイアンを使っていた時、ティーアップをしていないことがあったという話です。結果のためには別に方法にこだわらなくて良いと理 続きを読む

ティーショット スライス

打つ時に距離を出したいと思う気持から、右手に力が入りすぎてしまった結果、アウトサイドインの軌道になってしまい少しスライスしてしまいました。この辺が最近の課題ですが、力の入れどころと抜きどころを練習で何 続きを読む

ティーショットの打ち方を素振りでレベルアップ

ティーショットの打ち方だけとは限らないのですが素振りってやっぱリ上達する効果があるみたいですね。なんか素振りというと結構家の前とか暇な時にオジさんがやっているイメージだったんですけど、考えように寄って 続きを読む

ティーショットの打ち方。煮詰まった時にやっていること。

ティーショットの打ち方に悩んだ時はユーチューブとかのサイトで色々見てみると、結構気づきの費用なものが獲られたりするんですよね。伊賀に説明してくれている動画とかもあるので参考になります。 ティーショット 続きを読む

ティーショットの打ち方。あらかじめ方向を限定してミスを減らす方法。

ティーショットの打ち方は、池やOBなどのハザードから遠ざかってゆくショットを打つようにしましょう。ティーショットの打ち方は具体的には右にハザードがあればドローにして左にハザードがあればフェードといった 続きを読む

ティーショットの打ち方とドライバーの関係性

ティーショットの打ち方と地面からのショットは全く別物と捉えなければいけないといわれています。 ティーショットの打ち方ではデカヘッドのドライバーに関して次のようなことがよく言われています。クラブヘッドが 続きを読む

ティーショットの打ち方を高弾道にして安定性も上げる方法

右手のスイングを覚えるためのドリルをご紹介します。 超クローズドスタンスです。通常がつま先が揃ったスクエアスタンスとすると、左足のかかとの線に右足のつま先がくるぐらいのスタンスです。 スタンスの幅はや 続きを読む

ティーショットの打ち方。安定性を上げる理論はこういうことです。

ティーショットの打ち方について、アベレージゴルファーや初心者に関してはスライスすることが多いと思います。スライスに悩みまくっているというわけではないにしても、自分もスライスぎみになってしまう確率が高い 続きを読む

5ラウンド以内に100を切れなかったら全額返金!
【ゴルフ7日間シングルプログラム】