ゴルフスイングで腰が使えなくて手で下してしまう時の練習法

ゴルフスイングで腰を使えなくて手で下してしまう人に良い練習法は、ダウンスイングで左足にウエイトを載せ、腕がちょうど地面と水平になったくらい、ハーフウェイダウンのあたりで一度スイングを止めます。

そしてそこから今度は腰の回転で打つようにしてスイングをスタートさせます。

このスイング練習法をすると腰を開くとクラブが出ていくということが体感できるようになります。

これ更にムービーカメラで撮って自分で確認するようにすると、腰を開くとクラブが出ていくことと、意外と左に行かないということがさらに理解し易くなります。

5ラウンド以内に100を切れなかったら全額返金のゴルフレッスンDVD