ゴルフ上達法を実践して見えてくるもの

ゴルフ上達法を実践して色々試しています。しかし基本はゴルフ上達法をその通り実践するという事だと思います。初心者なのですが振り遅れ・スライス・飛距離不足・引っ掛け・ヘッドスピードが上がらないど、色々な問題を抱えている状況なんですよね。

ゴルフ上達法によればその理由のほとんどがグリップやアドレス、ボールを置く位置にあるとされています。それ以外であればスイングの軌道が大きく影響する事になります。上達方法を実践してい思うのですが、自分の足元あるボールを打つということは、上から叩いてしまう癖がついてしまうのも当然だと言えるきがします。

専門書はそういう症状を一つづつクリアしていく処方箋のような存在です。上から叩きつけるようなスイングはアップライト、ボールを横から掃うようなスイングはフラットといいますが、練習場のマットはヘッドのソールが滑っていくようなものが多いので、ボールに当てようとする意識が強くなってしまい上から叩きつけるようなスイングを知らぬ間にしてしまうゴルファーが多いようです。

5ラウンド以内に100を切れなかったら全額返金のゴルフレッスンDVD