スイングの基礎はレッスンの中で何度も出てきます

アドレスで上体が少し右傾斜していれば頭はボールの右側になります。

今回勉強したスイングの基礎は今後のレッスンの中で何度も出てきますので良く覚えておいてください。バックスイングは右足の横にあるラインの内側で腰を回転させていきます。ダウンスイングは左足の外側のラインに向かって下半身をぶつけていくイメージです。

続いてボブこちらは問題が山積みです。バックスインで身体全体が右にスウェーしているのがわかりますね。右サイドがこのラインの外側に出てしまっています。

次にインパクトです。左の腰がこのラインにあたるようにしないと正しい体重移動が出来ません。それから手の位置をみてくださいクラブヘッドが手を通り越していていわゆる手先ですくい上げるような打ち方になっています。

そうかだから距離が出ないのか。これはシャフトプレーンというラインでこれがおへそのあたりを指すとちょうどいんですがあなたの場合はかなり低いですね。つまり構えがハンドダウンになっていてその結果背中も丸くなっています。テイクバックでクラブがシャフトプレーンのかなり下を通ってますね。

そしてダウンスイングはプレーンの上からおりてきてクラブはこんなにアップライトになっています。シャフトプレーンとはスイングの良し悪しを判断するための大きな目安となる概念です。

アドレスのシャフトに沿ってラインを引きスイング中このラインのできるだけ近いところをクラブが通れば安定したショットが打てるというわけです。

一般的にダウンスイングがシャフトプレーンの上からおりてくる場合はボールはスライス系反対にプレーンの下を通過する場合はフック系となります。

5ラウンド以内に100を切れなかったら全額返金!
【ゴルフ7日間シングルプログラム】