ゴルフのアプローチ上達法。いつもと逆にやってみましょう。

ゴルフアプローチ上達法で最近は、バックスイング時の右膝が伸びないことを意識して練習します。更にしっかりやる必要があると感じるので。最近練習で、ちょっと変わった方法を知ったので実践しています。

そのゴルフのアプローチ上達法は。ショットを打つ時にクロスハンドになるように、要するにグリップをいつもの逆に握る練習方法です。普通なら、右利きの方であればグローブをしている左手が前にきて右手が奥になります。

ですがこの練習方法では、それを逆にするんです。左手を奥に、右手を手前に握る状態になるのです。このやり方をすることで、ショットをする時にボールを芯を打つことができるようになるといわれているので実践してみて下さい。

他の効果的で解りやすい練習方法も下記で紹介しています。あなたがもし悩んでいるのなら参考にしてみてください。

バンカーショットについてです。バンカーショットの苦手な方たくさんいらっしゃると思います。右手のゴルフでやればバンカーショットは簡単です。以前の7番アイアンのショットと同じです。フェースのローテーションを使います。

ただし、バンカーではバンスを使いますので、フェースを開いて使います。ただし、上からドスンじゃありません。後ろからスーッ、飛球線の後ろからシャローに入れていきます。

【5ラウンド以内に80‐90の上達保証のゴルフレッスンDVD!】