右に飛ぶということはクラブがインサイドから出ている証拠

グリップはストロングですよ。じゃあ今度はハーフスイングのトップで一度止めてください。そしたらそこからスローモーションで私の方にスイングしてみてください。ゆっくりですよ。

そのままそのままフィニッシュまで振ってください。良くなってますよ。とにかくいまはインサイドアウトに振ることだけを考えてください。インパクトで左腕は伸びるのですか?そうです左腕はインパクトで伸びたあと自然にたたんでいく感じです。

ボブもノーリーンと同様症状はスライスですがポスチャーで背中が丸まってしまうなどいろいろと問題は多いようです。背筋を伸ばして背筋を伸ばして上体を高く構えて。いいですよ。じゃあ軽く振ってください。いいですね。いまのはボールが右に出ましたよね。

右に飛ぶということはクラブがインサイドから出ている証拠です。絶対にアウトサイドインにならないように集中してください。インサイドですね。そうですよ。チェックポイントはまずグリップ。ストロングにすること。それからポスチャー。ポスチャーは大事ですよ。

あとは右への傾きそれから。インサイドアウト。そうです小さいスイングでインサイドから振る感覚をおぼえてボールが右に行くようになればOKです。それが出来れば下半身も良くなりますよ。それじゃあもう一球打ってみましょう。

3人目のティムの場合は他の二人とはまったく逆の症状です。フックに悩むティムに対してはいったい先生からどんなアドバイスがあったのでしょうか?いまの段階ではボールの出だしが左になったりあるいはスライスになっても大丈夫ですからね。

それはテイクバックやフェイスの向きが良くなってきている証拠なんです。とにかくいま絶対にやっていけないことはフックボールを打つことですからね。まずグリップはウィークにしてください。これくらい。そういいですよ。もう少しウィークにしてみましょうか。それぐらいです。いいですよ。

テイクバックの感覚は腕をロールしながらアウトサイドに上げていく感じです。ロールしながらアウトサイド外にロールです。そういう感じです。じゃあ力を抜いてやってみましょう。すばらしい。これはすごい。最高です。

自分ではどれくらい極端にやってますか?とても大げさにやってますよ。かなり外に上げてる感じ。でも結果は最高ですよ。思いっきり極端にやらないと癖は直らないんです。グリップは自分が思うよりさらにウィークフェースの開きは自分が思うよりもオープンにあなたの場合スライスボールが出るまではやり過ぎってことはないですからね。

それではここでレン・マティースのワンポイントアドバイスのコーナーです。前回に引き続き二回目のテーマもセットアップです。コーチと一緒に練習する時必ず最初にチェックするのはセットアップ。とくにポスチャーですね。

僕の場合構えが小さくなる癖があってそうするとお尻が中に入るんです。ほんとは後ろに突き出た方が体を回しやすいんですけどね。それからスイング中の動きに関していうとダウンスイングで上体が突っ込む癖があるんですよ。

そういうときはやはりポスチャーを高く構えて腕だけを振り下ろすようにイメージします。

5ラウンド以内に100を切れなかったら全額返金!【ゴルフ7日間シングルプログラム】