誰よりもセットアップの大切さを知り尽くしているツアープロマティース

誰よりもセットアップの大切さを知り尽くしているツアープロマティースも常に練習場で基本のチェックをしています。

まずグリップでいつも気を付けていることは僕の場合ロングサムのウィークグリップになってしまう癖があってそういうときはフィニッシュがすごく取りづらくなるんです。だからストロンググリップでショートサムに握るように自分ではいつもそのことに気を付けながら練習しています。

それから前後の体重のかけ方も大切ですね。体重がかかと寄りになるとテイクバックはインサイドに入りやすくなりますプロアマで一緒に回ったアマチュアをみてると逆につま先に体重がかかりすぎてバックスイングが外に上がっている人が多いですね。

あとはボールの位置かなあこれもアマチュアの人がしょっちゅうやっていることなんだけどピッチングウェッジを持っているのにボールの位置がものすごく左なんですよそうすると当然インパクトでダフってしまうんですがそれはボールの位置が悪かっただけなんですとにかくグリップ、ポスチャー、アライメントという基本はものすごく大切ですよ。

僕の癖として時々構えが縮こまってしまって真っすぐ立てないときがあるんですがそういうときはテイクバックがインサイドにはいるんですよつまりどういうセットアップをしているかによってその先のスイングが決まってしまうんです本当に重要ですよ。

スイングの基礎についてみっちりと教わった三人の生徒たち。続いてサケット先生は三人のスイングをビデオで分析しそれぞれの問題点を洗い出していきます。

上達しなかったら全額返金保証のゴルフレッスンDVD!