ゴルフの飛距離を伸ばすことで発生するデメリットを解消する。

ゴルフ飛距離伸ばす打ち方はデメリットもありますので、しっかりした飛距離を伸ばす対策をしたいところです。飛ばせるようになった後に、デメリットにはまらないようにするためにも、しっかりと意識しながらゴルフの飛距離を伸ばす方法を実践してみて下さい。

ゴルフの飛距離を伸ばすということはボール初速が速くなる事であり、発生するデメリットは簡単にいうと「方向性が悪くなる」と言う事が考えられるということです。方向性が悪くなると言っても色んな意味が有ります。

もう少し具体的に説明すると今までのゴルフの飛距離を伸ばす方法では、ボール初速を速める為にはタメの必要性を説明されることが多かったと思います。しかし、タメがあればある程良いと言うわけではないということを覚えておきましょう。タメ過ぎることで、ある弊害が現れてしまうことになります。

飛距離を伸ばすことで生じるタメ過ぎによる弊害というのは、フェースが返りきらずに振り遅れてしまうことになって、フェースが開いた状態でインパクトして、プッシュアウトが出やすくなる症状がでやすくなるのです。ではどのように打てばいいのかについては下記を参考にして下さい。

上達しなかったら全額返金保証のゴルフレッスンDVD!