ドライバーの飛距離を出すには力を抜いてクラブに振られるイメージで

ドライバーで飛距離を出そうとすると振り切りを早くして腕を使ってしっかり振りきろうとして、力んで振ってしまいます。

ボールを遠くに飛ばす一つのコツとしては、自分がクラブを振るのではなく、自分がクラブに振られてあげるイメージでクラブの力を出してあげる感じで打つようにします。この振られる感覚で打つことによって飛距離アップが期待できます。

打ち方は体の力を抜いて、グリップは緩めずしっかり握って、象の鼻のようにクラブを左右に振っていって、気持ちよくクラブに振られるようなイメージで素振りをしてみてください。

そしてクラブに振られるようなイメージでリラックスしてボールを打ってみてください。

そういったイメージをもつだけで、しっかりと振りぬくことができるようになります。

クラブ自体はダウンスイングでは力を出そうとしてくれているのですが、自分でここにフィニッシュを取るという意識で打ってしまうとクラブの流れと違う方向に行くイメージがあったら、クラブが勝手に戻ってきてくれているパワーをロスしてしまいスイングがブレることになります。

バックスイングの最初からクラブの重さを感じるようにしてリラックスして打ってみてください。意外と飛距離が伸びることに気づくはずです。

いつもこれが正しいと思っていた上げていたところ、降ろしていたところ、振り切っていたところが実はクラブの動きを妨げてしまっていた可能性があるということが分かると思います。

ですからもっとクラブに任せて、自分のイメージから解放してもらうだけで飛距離アップが可能になります。

上達しなかったら全額返金保証のゴルフレッスンDVD!