ドライバーをティーアップせずに打つスイングを正しい状態にする練習法

大体の人はドライバーを飛ばしたい、上げたいと考えるのでスイングの軌道が平らな上体ではなく引き上げてしまったり、ボールに叩き付けてしまうという動きをしていしまう方がいます。

そういった動きを直すために、ボールをティーアップせずに打つのがスイングを正しい状態にする効果的な練習になります。

ボールがない状態で芝を擦る素振りをすることでスイングは安定してきます。

その後にボールを打つと打たしいスイングで打てるようになるので、ドライバーがイマイチな人は試してみてください。

上達しなかったら全額返金保証のゴルフレッスンDVD!