ドライバーのスライスの直し方。球がつかまらない場合。

球の曲がりも飛びも向上できるドライバーのスライスの直し方です。

日本の場合は練習場からゴルフを始めることが多いですが、そうなってくるとボールを的に向かって打つのではなく、ボールを綺麗に上げようとしてしまう傾向が多くなります。

そのきれいに上げようとする動作を基礎ができてない段階でやってしまうと、スライスが直らなかったり、球が飛ばなかったりと、ボールを上げようとする動作が悪い我流スイングをさせてしまうことが多いです。

だとすると、転がすくらいのイメージで、ターゲットに転がっていけばいいだと思うくらいのイメージで打つ方が、今のクラブでは上げる、捕まえるという機能が付いていますのでクラブに仕事をさせます。

そして自分は的に向かって転がすくらいのイメージを持った方が良いスイングになります。

一般のアマチュアゴルファーの場合、飛ばしたいという意識を強く持つと下から煽って打ってくる方がいます。

なので煽って打つのではなく、クラブは上げる機能が付いていますので、低く打とうとすることで体の回転にクラブが同調しようとしてくれるので、スイングの回転に沿ってドライバーのヘッドが返ってくれるようになります。

一方上げようとして打ってしまうと、フェースが開いて、右に向いている状態になってしまいます。

上げようとするあまりほとんどの方はフェースがターンできない返せないことになるので、あとから修正しようとしてもフェースが戻りきらずに大きくスライスになってしまいます。

スライスする方の多くは体の回転にクラブの回転を合わせるのが苦手な方が多いので最初は低くハーフスイングに近い形で軽く出すように打ってみてください。

それだけでクラブがボールを捕まえてくれる動作になります。

ゴルフ場のコースで球がつかまらない、スライスが止まらないといった場合は、転がすようなイメージで打つのが効果的です。

上達しなかったら全額返金保証のゴルフレッスンDVD!