ゴルフのドライバーの打ち方。弾道が上がらない、アイアンよりも飛ばない初心者の場合。

ゴルフのドライバーの打ち方で弾道が上がらない、アイアンよりも飛ばない、トップやダフリでミスショットしてしまう初心者の練習法について。

ドライバーの最初の最初は、まず力まずに軽〜く振ってみるのが基本で、そういう打ち方であればまっすぐ飛ぶ確率が自然に上がります。

まずは初心者の場合、ドライバーでは飛距離を考えず、まずは真っ直ぐ打つことを心がけることから始めます。

飛距離にしてもドライバーは基本的に力を入れて打たなくても飛距離が出るような構造になっていますので、力んで気負ってスイングしてしまうと逆効果になることがあります。

あと重要なのはスタンスで、ボールの位置は基本的に左足のかかとの前にボールを置くのがい一般的です。

もしあなたがトップするのなら、ボールの位置を若干右側において、ダフリならぎゃくに左側にずらしておきましょう。

ドライバーの打ち方はアイアンと基本的には同じといわれていますが、ドライバーのスイング軌道は大きめにして打つのが良いでしょう。

そして、慣れてきたら最初は右重心でダウンスイングを始め、それに遅れて右足に体重移動する動作も入れていきましょう。

最初は右足に重心を置くだけで打つのでもいいので、だんだんと体重移動に慣れていって、飛距離を出せる自分自身のタイミングを見つけていくのが効果的です。

上達しなかったら全額返金保証のゴルフレッスンDVD!