カップインまで想定してアプローチショットを打ちます。

多くのプロはこのカップインまで想定してアプローチショットを打ちます。

ですからこの場合カップに入れるということを考えるとサンドウエッジを選択するということが一つ大きなポイントになるんですがほとんどの方はまず何よりもここでザックリやトップのミスをおさえ次は必ずパターを持ってあわよくばここから2打であがるということを考えるべきです。

そうすると一番適切なのがこのパターを選ぶことボールを転がしていくことなんですね。転がすことによって大きくトップやザックリというミスをすることが防げます。ですから次をとにかくパターで打つためには何よりもまず転がし上げることを選んで頂きたいんです。

で10ヤードもありますえっこんな景色からパターで打てるのとおっしゃる方も多いと思うのでまずお見せします。このように通常どおりに構えてそのままそのままロングパッドを打つ要領で打っていきます。いまのストローク幅だけでワンピン以内にボールは寄っています。

ですからもう次はワンパットで沈めるという状況が生まれるわけです。ですからまず何よりもどの場所においても転がすことができるのかということをまずチェックをしていただいて特に推奨したいのはこのエッジから10ヤード以内に入っていった場合この場合はまず何よりもパターを選ぶという選択肢を頭の中に入れてクラブを選んでください。

【5ラウンド以内に100を切れなかったら全額返金!
小原大二郎プロのゴルフ7日間シングルプログラム】