ドライバーでスライスする原因を矯正する頭の向きとマーカーの活用

ドライバーでスライスする原因はインパクトでフェースが開くことと、アウトサイドインの軌道になってボールをカット打ちしてしまうこと。基本的にスライスの原因はこの2つしかないといわれます。

クラブを振ると自分の顔も打球線方向に向けていくのがスライスをする人に多いようです。そうするとクラブのフェースが開いてしまいがちになります。

その顔の向きを意識的にダウンスイングからインパクトに欠けてあえて右を向くようにすると、フェースがターンしやすくなってボールがつかまりやすくなります。

頭を右に向けるとフェースは左を向くようになるのを体感できると思いますのでやってみてください。
逆に頭を左に向けるとフェースが開いてくるのもわかると思います。

ですからボールを打つときはキュッと頭を右に向けるように、大げさにやらなくても良いのでそういったイメージでやるとスライスを矯正できるようになります。

あとスライスする人はヘッドをボールの前で早くターンさせるようにすると良いです。

ボールの手前にヘッドの軌道線と平行にマーカーを自分から見て上下に2つづつ置きます。

そのマーカーでできる四角形の中心が自分のスタンスの真ん中にくるようにします。そしてそこでヘッドが返るように意識して打ってみてください。

ヘッドを腕で返すのではなく、グリップを左に流していくのではなく正面で止めてヘッドが返って逆のしなりになるときにボールに当たるようになればオッケーです。

インパクトでは腕をボールの手前で止めておくような感じで打つと、シャフトのしなりが戻ってヘッドが返ってクローズになるという感じですね。

ボールを打つのではなくマーカーでできた四角形の中心を打ち抜く感じで打ち、それに先述の若干右を向く動作を入れるとスライスが直るどころかフックが出やすくなる人もいる様です。

【5ラウンド以内に100を切れなかったら全額返金!
小原大二郎プロのゴルフ7日間シングルプログラム】