ドライバーでの高い球と低い球の打ち分け方

ドライバーでの高い球と低い球の打ち分け方です。

意図的にドライバーで高い球を打ちたい時というのは、目の前に木があったりして、その方向にグリーンがあってショートカットしたい時などでしょうか。

高い球の時はティーアップをヘッドよりボール一個分弱くらい出るようにします。

そして素振りから目線を高くして、そこに木があって、林があってそこを超えていくイメージで振ります。

そうすると若干ですがバックスイングが低くなり、そこからアッパーに向けてフォローが高くなります。

アドレスは方の右肩が下がり傾斜が強くなり、ボールがより左足寄りになります。

スイングで気を付けるポイントとしては、いつもよりも頭と体重を若干右側に残したまま振ります。

上手く打てた場合は通常の2倍ほどの高さの弾道になり、風邪がフォローだとキャリーが普段よりも10ヤードくらい出ます。

一方、低いボールを打つ場合もティーの高さで調節し、通常よりもわずかに低くセットします。

ドライバーで低い球を打つとき気を付けたいのは、上から入りすぎて、薄く当たってしまって低く出てしまうことです。

低く出てもスピン量が多くなると意味がなく、普通に打った方が飛んだじゃないか、ということになってしまいます。

なので厚めに当てることによってスピン量を減らす、要するにドライバーのヘッドの芯よりも5ミリ上に当て低い球を打つとバックスイングが減り、最高に飛びます。

【5ラウンド以内に100を切れなかったら全額返金!
小原大二郎プロのゴルフ7日間シングルプログラム】