ドライバーの打ち方。ハーフスイングでもスライスになるときの矯正方法。

ドライバーの打ち方でハーフスイングでもスライスになるときがありました。

その場合の矯正方法なんですがドライバーだけ練習するのではなく、ドライバー、4番、7番、ピッチングと同じ打数だけ、それぞれ練習してみます。

そうすることで、意外にも真っ直ぐ打てるようになる場合があります。

ドライバーの打ち方だけ一心不乱に練習するのではなく、分散して練習すると結構いい結果になります。

肝心のスライスですが、インパクトの瞬間に右手が伸びていないことが原因の場合がありますのでチェックしてみてください。

なので短いクラブを使うことで、右手の自由度が上がり使いやすくなるのでスライスが矯正されるということになります。

【5ラウンド以内に100を切れなかったら全額返金!
小原大二郎プロのゴルフ7日間シングルプログラム】