ドライバーで飛距離を出すには?

ドライバーで飛距離を出すには、力まないことが大切だといわれています。

多くのゴルファーの中でも大切だと意識されているのは脱力感なんですが、力んでしまうと初心者の場合、逆に飛距離が伸びない結果になりますね。

ゴルフスイングをしているときに、ドライバーの重さがシッカリ感じられているかどうかチェックしてみてください。

逆にドライバーが軽く感じられるようであれば力が入っているという証拠ですので、もっと力を抜いて(脱力感を意識して)ドライバースイングをします。

その他に、自分の腕をシャフトの一部だというイメージを持つのも効果的で、そうすることでクラブが自然な形でテークバックでき、ダウンスイングも円滑に動作できるようになります。

スタンスに関しては肩幅より少し広いくらいが一般的に力まずにしっかりしたショットが打てますので参考にして飛距離を出すトレーニングをしてみてください。

あと最近、自分のスイングパワーを最大限に生かす飛ばしの理論マニュアルというのが発売されていますので、よければ参考にしてみてください。
スイングパワーを最大限に生かす飛ばしの理論マニュアルはこちらから

【5ラウンド以内に100を切れなかったら全額返金!
小原大二郎プロのゴルフ7日間シングルプログラム】