ゴルフの打ち方、高弾道はアッパーブローで。

ゴルフの打ち方で高弾道にする為には、放物線を描くようにすることが必要ですね。ゴルフの打ち方の軌道的な考え方として覚えておきたいことです。スピンの効いた低めのボールよりも飛距離を稼ぐことができます。

このゴルフの打ち方はそういった放物線を描かせる方法です。実際の打ち方としてはアッパーブローと呼ばれる打ち方になるのですが、ようはクラブヘッドが最下点を通過したあとにボールに当たるようにすることです。

実際のやり方としてはボールをティーアップして左足のかかとの延長上に置くことでアッパーブローの高弾道のショットが打てるようになります。そのとき自分の中でショットの目標をいつもより高い意識で打つことが大切です。

【5ラウンド以内に100を切れなかったら全額返金!
小原大二郎プロのゴルフ7日間シングルプログラム】