スイングの右脇の締め具合について

スイングでの右脇の締め具合はヘッドカバーなどを挟んでやるバックスイングの練習がありますが、あまりにもはさんで右脇を締める意識をしすぎると脇もですがひじも締まってしまいます。

とてもトップがコンパクトになりすぎてしまうことになります。

ですから右の脇の付け根だけが閉っていて、肘は相手しまっても良いくらいの感じで、体でトップまでクラブを上げてやるようにします。

脇というか肘までしめてしまうと、非常に小っちゃいトップになります。

肘がかなり開いてしまう状態でなければ、ある程度は体から離れている感じであればスイングでは問題がないと思います。

考えてみればアドレスでは肘と体は離れているので、同じよう状態で事前にバックスイングをしていけば比較的肘は離れた状態が自然だということが解ります。