右手のスイング フェアウェイウッド編

フェアウェイウッドがうまく打てるドリルを一つ紹介します。まず、普通に構えていただいて右手外します。そのまま飛球線に背中を向けて後ろへ向いてしまいます。ボールの位置はちょうど自分の身体の側面です。ここに来るようにセットします。グリップとグリップエンドと身体の距離は握りこぶしひとつからひとつ半くらい開けて、ここで右手を持ちます。そしてもともと打っていた方向へ打っていきます。これは右手を主体にしないと振れません。これと、打ったあとのフォロースルーなんて取ろうと思ってもできません。右手をちゃんと使ってヘッドを振って行けば、そのあと両手は必ずはさまれます。この動きがないとヘッドが勢いよく動いたことにはなりません。打ったあと、両手を伸ばそうとしたらバランスを崩したりします。グリップをやわらかく、肘と手首をやわらかく使って打っていきます。

【ゴルフレッスンDVD、上達しなかったら全額返金保障!】