右の一軸スイングを使うことで遠心力や地面反力を簡単に体感できるドリル

ゴルフスイングは右の一軸と考えると遠心力や地面反力を効率よく使うのに都合が良いです。

右の一軸スイングを使うことで遠心力や地面反力を簡単に体感できるドリルです。

まず通常通りアドレスをしたら右足の股関節を意識してバックスイングをしてトップでは右重心になります。

そしてダウンスイングでは右のお尻を後方に落として、左足を後ろに引いてやります。

そうすることで、タイミングが良ければ右足を中心に体が回り、軸回転運動でクラブヘッドがボールを捕らえます。

この様にフィニッシュで全く左足に体重が乗っていなくても右足を軸にしたスイングができればボールは安定した軌道で飛んで行ってくれることになります。

ゴルフではクラブを安定してコントロールしなければならないといわれますが、遠心力を生み出す中心となるスイングの軸が左右に移動すると、その都度クラブの軌道が変わってしまうのでスイングが安定したミートはできなくなるかと思います。

しかしゴルフスイングのフィニッシュでは左足に重心が移っています。

それはスイングという軸回転運動がボールを打った時に終わり、回転中に発生した遠心力が余っているのでクラブが体をひっぱり、自然に左足に重心が乗ることになるからです。

また軸回転運動をボールを打つ瞬間に終わらせようとすることで、両膝が締まりハンマー投げのようなフィニッシュになります。

この時の下半身の形が最も理想的なゴルフスイングのフィニッシュの姿勢だというレッスンプロもいます。

【ゴルフレッスンDVD、上達しなかったら全額返金保障!】