アドレスの基本。平行に構えるのは実は間違いです。

ゴルフでミスショットしてしまう原因の多くはアドレスにあるといわれています。

そのためゴルフレッスンなどでは正しいアドレスをマスターするために多くの時間を使います。

ただ、そのアドレスが間違ってしまっていることがある場合もあります。

多くのレッスンプロなどが正しいアドレスを説明するとき、膝や腰、肩のラインを地面と平行に構えるという指導をします。

しかしタイガーウッズなどのアドレスを見ると、そういう風になっていないのです。

腰のラインをはじめとして上に上がるにつれて、左サイドは右サイドに比べて若干上がっています。

右サイドには少し角度があることが確認できます。

実はこれがゴルフスイングというものの正しいアドレスの形になります。

そこで、自分が真剣になってボールを打つときの気持ちで鏡の前でアドレスを確認してみてください。

そのアドレスが一流のプロたちと違った形、すなわち両肩までのラインが地面と平行な状態で構えてしまっていたとすると、それを修正することで、右サイドでボールを押し込むイメージを持つことができます。

なぜ平行に打つことがいけないかというと、右手と左手は前後にグリップします。

この影響で右肩は前に出ることになって、右肩は少し開いてしまう状態になってしまいます。

ですからその状態でアドレスを並行にしてしまうと、両腕の位置がクラブに対して全く違う場所にくるので正しいクラブコントロールができなくなるという結果になります。

【ゴルフレッスンDVD、上達しなかったら全額返金保障!】