スイングは左手が重要といわれますが右手は考えなくてイイ?

スイングは左手が重要といわれますが、左手はスイングをリードしてやる役目があり、右手は方向性と飛距離を調節する役目があるといわれています。

ですから左手は重要なのは間違いないですが、右手の感覚も大切にしていく必要があります。

アプローチなどでは特に右手の感覚は重要になってくると思います。

それぞれの腕には役割があるので、どちらか一方だけを意識するのは不自然なスイングということになります。

ただ右手を意識することが勝ってしまっている場合は、スライス、ダフリ、トップが出やすいカット軌道のすくい打ちになりやすくなりますのでバランスが大切になってきます。

【ゴルフレッスンDVD、上達しなかったら全額返金保障!】