強いインパクトを出すゴルフスイングの打ち方

フェアウェイウッドがうまく打てるドリルを一つ紹介します。まず、普通に構えていただいて右手外します。そのまま飛球線に背中を向けて後ろへ向いてしまいます。ボールの位置はちょうど自分の身体の側面です。

ここに来るようにセットします。グリップとグリップエンドと身体の距離は握りこぶしひとつからひとつ半くらい開けて、ここで右手を持ちます。そしてもともと打っていた方向へ打っていきます。これは右手を主体にしないと振れません。

これと、打ったあとのフォロースルーなんて取ろうと思ってもできません。右手をちゃんと使ってヘッドを振って行けば、そのあと両手は必ずはさまれます。この動きがないとヘッドが勢いよく動いたことにはなりません。

打ったあと、両手を伸ばそうとしたらバランスを崩したりします。グリップをやわらかく、肘と手首をやわらかく使って打っていきます。

ゴルフスイングで強いインパクトが出ない方は参考にしてください。

まずはアドレスから。最初は右へ体重移動を開始します。腰から肩、腕の順番で動作を始めていって最後に腕に誘導されてゴルフクラブが引っ張られてバックスイングに入っていくイメージです。

そしてバックスイングの最大トップの状態は肘が直角に折れて肘から下が真下を向いている状態です。

ダウンスイングの開始は、最初は左方向への体重移動から始めます。そして腰、背筋に引っ張られるように腕が動いて、クラブが動き始めるという順番で行います。

手首のコックはインパクトした瞬間に開放していくというイメージでスイングします。

インパクトする時の状態は、手元は左の太ももの前にあり、クラブヘッドは手元より右側で追い越さずにインパクトします。

インパクトの瞬間はアドレス時の前傾姿勢をしっかり維持ししたまま、腕はしっかり伸ばし、インパクトの後は左肘は体よりも後ろに引かないフォロースイングにしてください。

フォロースイングは、胸がなるべく飛球線(打球線)以上向いている様になるまで体を回すようにすると効果的です。ちなみプロゴルファーの場合右肩が飛球線の方向を向いている方もいるようです。

ざっくりとした解説かもしれませんが、繰り返しこの内容を意識しながら練習すると、ダウンブローのゴルフスイングが打てるようになります。

強いインパクトを出すために一番重視したいポイントはスイングの指導は体重移動からというところです。体の回転から始めてしまうと体重移動ができなくなるからです。

あと、グリップについては、指の付け根で軽く、小鳥を握るようなイメージでグリップしてやるのが効果的です。

【ゴルフレッスンDVD、上達しなかったら全額返金保障!】